2009年11月の記事一覧

紅葉の見ごろが終わろうとしていますね

清水寺の周辺の秋が今から冬支度をしているように感じられます。現在行われている秋の特別拝観も大盛況のうちに終わろうとしている。

これが終わるころには京都の街はすぐに新年を迎える準備が始まってしまいます。

この入れ替わりの時期の雰囲気はなんとも言えず心地よさと忙しさを感じさせてくれるものでもあります。

さて、清水寺の紅葉も例年通り多くの方が楽しんでいるようで私ももみじを見に行ってきました。夜の特別拝観は時間の関係でいけなかったんですけど夕方くらいになると多くの方が門前に並んでいました。

いいなぁライトアップ見れるなんてと思いながら行列を見ていました。

今度訪れるのはおそらく年始の初詣のころになると思うのでそれまでは今年の仕事をばたばたと終わらせたいと思います。

2009年11月29日|コメント (0)

カテゴリー:イベント情報, ライトアップ

朝の散歩道

毎日が忙しい中朝の時間ってホントに大事ですね。

私も京都に住んでいるわけではないのですが今日は一度お会いした事のあるへアスタイリストさんと友達たちと「朝会」と称して朝カフェを行う事にしました。

普段10時出勤をしているので朝8:00時集合で今日は4人ほど集まって朝のみんなが走って会社へ駆けこんでいる中俺達4人はゆっくりと違う時間の流れを味わうなんて贅沢だなぁなんて思いながら、どうでもいい話からチョイ真面目な話まで特別な朝の時間を共有出来ました。いいね!朝カフェ!

最初は眠いのが最優先されてましたが一歩先には素敵過ぎる時間が待っておりました。

さて、京都で朝の散歩をされている人のブログの中で清水寺の周辺を散歩されている方が書かれている物を見てたら、朝の清水寺って結構人が少なくて閑散としていていつも以上に神聖なものを感じる事の出来る時間なんだなぁと思いましたね。いいなぁ。

古都京都の朝カフェは定番となっているようですが、文化財の中でも朝茶ができる場所なんかあったらコメントください。

タグ

2009年11月20日|コメント (0)

カテゴリー:その他コンテンツ

清水焼の陶板が地上機器に飾り付け

清水寺の近くの町で陶器のまち・東山をアピールするために、京都市東山区の五条通の電線地中化で設置された地上機器15台に、東山の伝統文化である清水焼の陶板作品がオブジェクトとして使用された。

京都の季節の移ろいや五条坂の景色など「東山の町並み」を題材に作られた陶器の模様が描かれている。
地上機器は16台あり、12台の陶板の絵は地元の陶芸家や水彩画家、切り絵作家ら12人が手がけた。陶板1枚が制作過程で壊れたが、今後、取り付ける予定。

そのほかの地上機器4台には、清水寺の森清範貫主が題字として「清水五条陶板の散歩道」と揮毫(きごう)した陶板を取り付けた。
 絵や題字の隣には、周辺の観光案内板や地図を並べた。

タグ

2009年11月14日|コメント (0)

カテゴリー:イベント情報

ライトアップの最終点検

清水寺で行われている秋の風物詩でもある紅葉のライトアップに使用されているライトの数は5.000個にもおよび雨上がりの11/12日に点灯され世界文化遺産に登録されている清水寺の舞台がやわらかい光の中秋の夜に浮かび上がったこれから12月6日までの間よるの京都の楽しみの一つとなることだろう。

一番の観光客の入りはもみじが一番の見ごろになる予想の11月末のころで多くの観光客が京都におとづれることが予想されている。

ライトアップ

タグ

2009年11月14日|コメント (0)

カテゴリー:ライトアップ

京都のお土産を買いにいこう

今日は一日いい感じの生活をすることができました。...皆様にはあまり関係ないですね。ハハっ

京都にも秋がやってきたようです。今日は風がものすごく強くてあき一番?のようなものがやってきました。

京都の町も紅葉が混じって落ち葉の時期になっているころなんですが、今日の風で落ち葉が加速したように思います。

この時期くらいから京都のもみじも見ごろを迎えるのですが、京都に観光するお客さんが増えてにぎやかになってきます。そうすると観光の名所では観光客向けにお土産の品を多く出したりします。

2009年の秋も多くの方が京都に訪れて歴史の街の秋を楽しむことでしょうね。

さて清水寺ではもうすぐ秋の特別拝観の時期です。

清水寺内には桜にも負けず劣らずのもみじがあふれています。音羽の山にたくさんの紅葉が見られるころにはかなりの観光客が訪れるのでその時期には迷わず三年坂にあるお土産や三で購入しましょう。

清水寺のお土産についてはリンクを張っておきますので参考にしていただければと思います。

 

2009年11月11日|コメント (0)

カテゴリー:その他コンテンツ

清水寺のライトアップと夜の特別拝観のお知らせ

今年も毎年恒例となった夜の特別拝観が開催されることになったようです。

この時期には夜の長夜を楽しむためにはいい感じの京都のイベントですね。ただし、めちゃめちゃ人が多いです。

通常の拝観時間が5時30分まででいったん外に出てから再入場です。たしか...

その後午後6時30分~9時30分(受付終了) までは信じられないくらいの人の波が出来る日もあります。ライトアップされて見ることのできるのは本堂がある所の谷になっているところなんですけどこれがまた人がわんさかいます。

12月6日まで開催されているので清水寺の紅葉の時期と合わせて楽しむ事をお勧めしますね

現在清水寺の紅葉の状況は葉が色づき始めたころぐらいなので夜の特別拝観が始まるころにはいい感じに見ごろを迎えるのではないでしょうか。

夜の特別拝観についてはコチラ

 

清水寺 秋・夜の特別拝観

平成21年11月12日(木)~12月6日(日)
拝観受付:午後6時30分-9時30分(閉門時間:午後10時)
拝観料/大人400円 小・中学生200円

 

2009年11月 9日|コメント (0)

カテゴリー:イベント情報