初詣

初詣する前に

毎年除夜の鐘の後すぐに新年を迎えることになるのですが、例年と同じく初詣は大盛況な様子でした。

去年一年も思い出されるのはあまり言い印象ではなかった一年でしたけれど、新年は新たの心の持ち方で迎えたいと思うのは世の常なのだと思います。
初詣をしに行くというのも日本人ならではのもので正月に神聖な心持でお祈りをするというのは、すがすがしい気持ちにさせてくれると思います。

ちなみに正月飾りなども現在されておりますけれども、それも正月の数日間だけでございますので、詳しくは別ページで紹介させていただこうと思います。

初詣に新年の挨拶にいかれるかたも多いかと思います。
毎年多くの初詣客が来場しています。普段から人気のある清水寺は初詣でも人気のスポットとなっています。三が日には何十万人もの人が参拝に訪れる場所なので混雑具合も半端ではありません。京都のお寺に三箇日にこられる際だけではなく京都の街はお祭りモードになっているので公共機関やタクシーなんかを使うことをオススメします。
西国三十三カ所第16番札所でもある由緒正しい場所ですので新年の挨拶にはもってこいの場所だと思います。

御利益

開運招福全般、交通安全全般、縁結び、安産、延命祈願

祭神または宗派

北法相宗大本山

年末年始の行事

今年の漢字
12月から1月にかけての年末年始の初詣のほかにも行事が盛りだくさんです。
年末毎年恒例の行事で今では日本中が注目しているのが
その年一年を漢字一文字で表す「今年の漢字」1995年から始まった行事で住職である森清範貫主が一文字であらわします。

地主神社
同じく人気が高いのが境内にある「地主神社の初詣」ここは恋愛成就や良縁に関しての神様が祀ってある神社で女性に人気のスポットとなっています。

参拝に便利な情報

交通アクセス

周辺の駐車場

さらに楽しむことのできる情報集