三重塔・随求堂・経堂・田村堂・朝倉堂

境内②|三重塔・随求堂・経堂・田村堂・朝倉堂

三重塔
三重塔創建されたのは平安初期847年創建、現在は国の重要文化財に指定されている。
清水寺の西門の先に建設されており、和の色彩がふんだんに使われている三重構造の塔その高さは日本国内の三重塔では最大で31メートルにもなる。


現在見ることのできる三重塔は創建当時の建設法に沿って寛永9年(1632)に再建されたもの。
色彩は昭和62年(1987)解体修理の時に桃山様式の特徴である極彩色文様を復元することになった。


三重塔の内部の作りは一層目に大日如来像を祀ってある。この大日如来像もまた重要文化財に指定されている貴重なものだ。
四周の壁に描かれているのは真言八祖像、天井・柱には密教仏画や飛天・竜らが桃山様式の特徴である極彩色文様で描かれている。

清水寺の境内にある随求堂・経堂・田村堂・朝倉堂については後日

さらに楽しむことのできる情報集