産寧坂(三年坂)

産寧坂(三年坂)

産寧坂のくねくね道 情緒あふれる京都の町の印象そのものといったたたずまいの石畳の坂道。
それが産寧坂(三年坂)です。以前の呼び名は「三年坂」現在では「産寧坂」と呼ばれるようになりました。これは、云われがあまり良くない事により変わったわけです。

云われ【三年坂で転ぶと三年以内に災いが起こる】

確かに由緒あるお寺がひしめく東山地区の中にあってこんな云われのある場所が観光の名所の名前の由来とあっては何かとっつきにくい感じは否めませんからね。

さて産寧坂は狭義には音羽山清水寺の参道である清水坂から北へ石段で降りる坂道をいうが、公式には北に二年坂までの緩い起伏の石畳の道も含む場所の事の呼び名として親しまれてきました。

産寧坂の石畳産寧坂の周りには日本の世界遺産にも登録されている社寺等もあり(八坂神社、円山公園、高台寺、法観寺)といった京都の中でも観光の名所の集まる場所ですから、土産物店、陶磁器店、料亭などの観光に欠かせない楽しみがぎっしりと詰まっています。

重要伝統的建造物群保存地区

重要伝統的建造物群保存地区産寧坂は重要伝統的建造物群保存地区として指定されている場所の中にあり、その周りは東山区祇園町南側、清水二丁目、清水三丁目、下河原町、南町、鷲尾町、金園町、八坂上町および枡屋町の各一部等の街並み(約5.3ha)が保護の対象となっています。

さらに楽しむことのできる情報集